除夜の鐘

除夜の鐘は毎年12月31日の大晦日の夜半から1月1日の正月にかけて各地のお寺で撞く鐘のことです。人間の内側にある108の煩悩を除くことを願って鐘を撞きます。

妙圓寺では大みそかに除夜の鐘を23時30分頃から撞いています。風が強く寒い大晦日になりましたけど、大勢の皆様がおいでになってくれました。お寺の鐘を撞きながらご自身の1年をゆっくりとふりかえって、令和3年の反省点、そして新しい年の目標を定めましょう。

前の記事

護摩

次の記事

謹賀新年